シャッター 【修理】

シャッター 【修理】

築約27年の家の電動シャッターがついに壊れたので修理依頼をしたら交換で10万円かかるといわれたので原因を調査し自分で修理してみることにする。

症状

症状としてはスイッチで開閉不可。リモコンでも不可。

原因の調査と修理

この手の類で機械的故障は無理な負荷、地震などによるシャフトの損傷などが考えられるが、取り付けから今回の故障まで一度も無理な負荷、シャフトの損傷などはない。

残るは電気的な故障。つまり電子部品の劣化、短絡による焼損などが考えられる。まずはカバーを外して基板をよく見てみる。黒く焦げたところ、電線の接触がないか目視による調査を行う。

なかったので次。

ACモーターを採用しているシャッターやポンプは必ず安定用のコンデンサーが取り付けられている。コンデンサーは電子部品の中でも劣化しやすいもの。テスターにて容量を調べる。

仕様は230V60μF

端子からはずして容量を確認するも容量抜けはない。

制御基板

この基板は韓国製の部品を使用しているようだ。ひとつひとつ導通を当たってみる。そしたらビンゴ。Q2のトランジスターがおかしいことが分かった。C3198GRなので手持ちの2SC1815GRと交換。

今回交換した2SC3198

試運転

基板を元戻し試運転。

うごく!

直ったのであとはシャッターの開閉位置を調整して調整終了。

スポンサードリンク