Micro DD-7の修理

Micro DD-7の修理

Micro精機が1975年に発売したダイレクトドライブ式レコードプレーヤーが実家から発見された。
レコードの人気が再燃されている昨今で筆者もぜひ聞いてみたいと思い、針を走らせることにした。

45年も経つとやはり修理が必要だった。症状は以下の通り。

  1. 33回転・45回転とも高速回転および回転ムラが起きる
  2. リフターレバーが機能しない
  3. ダストカバーの割れ

とりあえず再生できなければ意味がないので、1番を最優先で修理する。

記事の最後に主な使用工具と材料を記載する。

分解

裏返してカバーを開けるとこれまた時代を感じる基盤が姿を現した。
基盤を取り外すためケーブルを基盤から外す。

ケーブルに基盤と同じ数字を振っておくと忘れずにすむ。
基盤を外したところ。

調査と修理

とりあえず電解コンデンサはすべて劣化しているものとして全数交換する。次に壊れやすいトランジスタもテスターで抵抗値をチェックしたのち怪しいものを交換する。

電解コンデンサの交換

電解コンデンサを全数交換する。仮配線。動作確認。

はんだ吸い取り線とはんだごてを使用し、既設の電解コンデンサを外していく。45年以上前のはんだだ、なかなか取れない。しかし、追いはんだなどで外していく。外しては付けのほうが間違いが少ない方法だ。

電解コンデンサには耐電圧と静電容量があるので既設以上のものを取り付けること。極性があるので注意すること。ものの大きさも合わない場合がまれにあるので気を付ける。ここまで古いものだと大体新しいものは小さくなっている。
本体に縦にラインが入っている側、足が短いほうが「-」側。である。
電解コンデンサの静電容量は結構アバウトなので4倍とかでも問題ない。

外した電解コンデンサ。
番号既設新設
C80316V 47μF16V 100μF
C80450V 1μF50V 1μF
C80550V 1μF50V 1μF
C80650V 0.22μF50V 2.2μF
C80750V 0.22μF50V 2.2μF
C81350V 1μF50V 1μF
C81450V 0.33μF50V 1μF
C81525V 2.2μF25V 47μF
C81650V 0.22μF50V 2.2μF
C81725V 100μF25V 100μF
C81850V 220μF50V 220μF
C82725V 33μF25V 47μF
新設に使用した電解コンデンサは容量が違うが問題ない。

仮接続と試運転。

ジャンパー線で仮接続。この時配線を間違えないこと、クリップ同志が接触しないこと。

結果、高速回転は直ったが回転ムラが激しい。

とりあえず残りは次回へ…。

X808を2sc1815GRに交換後また高速回転。制御不能。2020/11/18現在。
どうやらモータに電気は断続的にしか流れていないようだった。2020/11/28現在。

使用工具と材料

スポンサードリンク