ママチャリ 後輪外し方 ギア付き編

ママチャリ 後輪外し方 ギア付き編

ママチャリの後輪のタイヤがすり減ってパンクしたので交換する。

1.使用工具

  1. ゴムのり
  2. ゴムパッチ
  3. 紙やすり
  4. プラスドライバー
  5. モンキーレンチ(なければ15mmのスパナでも可)
  6. 8mmと10mmのコンビネーションレンチ
  7. 12mmと14mmのコンビネーションレンチ
  8. ネジザウルス(なくても可)
  9. タイヤレバー3本(必ず3本以上用意すること)

ゴムのり、ゴムパッチ、紙やすりはパンク修理材なので修理方法はまた次回。

記事の最後に主要工具のリンク張っときます。

2.車体をひっくり返す

この時必ずサドルに低い台などをかませて荷台などを浮かせること。

3.ブレーキワイヤを外す

白丸で囲った部分を緩める。
10mmのスパナで外せる。

4.車体と車輪を止めているナットを外す

ギアボックスをプラスドライバーで外すと画像のようになっているので白丸で囲ったナットを外す。
外すことができれば自然と荷台を支えている棒と、泥除けを支えている棒とギアの部分と、スタンドの部分が外せる状態になる。
15mmnのスパナかモンキーレンチで外す。
外した状態。
中心の棒は抜かないこと。
反対側も同じように外す。
10mmのスパナで外す。

この時両側には白丸で囲ったものが出てくるのでこれを緩める。外してもよいがまだ、ナットのみが外せる。

5.チェーンを外す

白丸で囲ったねじをプラスドライバーではずし、カバーを外す。
チェーンと歯車の間にプラスドライバーを突っ込んでチェーンを手前に浮かせながらペダルを回す。そうすると画像のようになる。
チェーンをどかしながら後輪をはずす。

組み立ては逆の手順で行う。

使用工具リンク

スポンサードリンク